中名田のっぺい風

今日は「勤労感謝の日」の祝日ですが、

授業参観、PTA家族ふれあい学級を計画しましたところ、

たくさんの保護者の皆様にご来校いただきました。

午後からは引き渡し訓練です。

様子は週明けの月曜日にご紹介します。

11月22日(水)の献立は、「小浜市補助事業献立」でした。

これは、小浜市産、県内産の食材を使用した献立のことです。

メニューの中に、「中名田のっぺい風」がありました。

「のっぺい」とは野菜をたっぷり入れてかまぼこなどで彩りよく甘く煮込み、

片栗粉を入れてとろみをつけた郷土料理です。

中名田地区の「のっぺい」は、もっととろみをつけ、どろっとしています。

昔は、結婚式や法事など、大きな行事にはどこの家庭でもよく作られたごちそうでした。

今日の給食を通じて、昔から伝わる郷土料理を知り、

「食の大切さ」や「郷土の食文化」も学んで欲しいと思います。

This entry was posted in トピックス. Bookmark the permalink.