かやぶきの里へ

今日は、気持ちの良い秋晴れの下、

中名田地区の茅を出荷している京都府南丹市美山町北にある

「かやぶきの里」へ出かけました。

ここでは、今では珍しくなった片葺き屋根の家屋が数多く残っています。

DSC07691 DSC07696

現地に到着すると、

美山民俗資料館の館長さんが

資料館内を案内してくださいました。

DSC07690 DSC03596

この資料館は、主屋・納屋・倉の3棟で構成されています。

約200年前に建築された農家住宅を譲り受けて、

1993年から資料館として活用されているそうです。

DSC07697 DSC07693DSC07699 DSC07706

タイムスリップした感覚になりました。

当時の生活道具やいろりなども見学させていただきました。

DSC07708 DSC07714DSC07704 DSC07705

お風呂にトイレ(便所)も!

DSC07707 DSC07709

しかし、やっぱりかやぶきが気になりました。

DSC07695 DSC07694

茅葺き屋根の維持のため、数十年ごとに吹き替えをする必要があるそうです。

一時、茅葺き職人の後継者がいなくなったそうですが、

近年、住民の中から職人が誕生しているそうです。

 

外へ出ると、何やら??

DSC07715

これは、放水銃の格納箱です。

2000年に「かやぶき交流館」が火事で焼失したため、

火災対策のために、住居の母屋ごとに

「放水銃」が配備されているそうです。

DSC07716 DSC07717

最後は、水のきれいな由良川を散策しました。

DSC07718 DSC07719

中名田の自慢が、他地域で生かされていることが

誇りに思えた見学でした!

第3弾は「茅干し」に挑戦します!

 

 

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.