【音楽会に向けての目標を決めよう!】

今日の4年生の3限目は、来月11日(金)に迫った小中音楽会に向けた目標を決めているところでした。

4年生全員参加の音楽会ですので、全員の意見が聞きたいと言う事で、係の児童が黒板いっぱいにみんなの意見をまとめていきました。

驚いたのは、自分の意見が不安で発表を躊躇している子がいると、教室の児童が自分からその子の横に行って、発表するための自信を持てるようにいろいろとアドバイスするのでした。

男子女子関係なく、悩んでいる子に寄り添える学級の雰囲気がとても気持ちよく、微笑ましいものでした。

さて、みんなの意見が出尽くすと、今度はみんなで意見をまとめていくことが必要になります。子ども達は次々と「○○さんのがいい」「○○君のが良い」と発表していきます。そこで重要なのがその根拠なのですが…

教室には、「活動の特徴を考える」として「集団⇔個人「楽しい⇔苦しい」の図が掲示されています。ある児童がその図を使いながら「音楽会は、クラスみんなで行うものであり、勝敗を競うものではないからみんなが楽しく参加できるというのが大切だと思います。」と理由を説明していました。

今学期から「思考ツール」という、考え方を整理し主体的に対話的に深く学ぶために、そうしたツールを各学級で使用するようにしています。実際にその図を使って説明している様子を見ると、ツールを用いた考え方が児童の中にも浸透しつつあるんだなとあらためて感じることができました。

途中で時間が来てしまったため、係の児童は次の時間も使って考えていって良いのかみんなに確認していました。さて、4年生はどんな目標を作ったのかな?