「ふるさと給食の日」

今日の給食のメニューは、「ふるさと給食の日」ということで「ごまソースかつ丼と、のっぺい汁」でした。福井県のソウルフードと言えば「ソースかつ丼」と言われるくらい名物料理になっています。からっと揚げたカツに、ケチャップ、しょうゆ、ウスターソース、みりんをいれて作る甘めのたれをつけて熱々ご飯にのせます。今日の給食は、にんにくとごまをいれてアレンジしたおいしい「ごまソースかつ丼」でした。もう1品の「のっぺい汁」も各地で作られる郷土料理です。

P1110499 P1110503P1110501 P1110506P1110515 P1110507

「のっぺい」とは野菜をたっぷり入れてかまぼこなどで彩りよく、甘く煮込み、片栗粉を入れてとろみをつけた郷土料理です。この中名田地区の「のっぺい」は、もっととろみをつけ、どろっとしています。昔は、結婚式や法事など、大きな行事にはどこの家庭でもよく作られたごちそうでした。最近では料理されることも少なくなってきましたが、今日の給食を通じて、昔から伝わる郷土料理を知り、「食の大切さ」や「郷土の食文化」も学んで欲しいと思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.