カルシウムの大切さ(3,4年)

10日(金)、3,4年生が、田中先生(栄養教諭)との授業を行いました。

今年度2回目の授業は、「食生活とけんこう」というテーマで

食事の大切さ(特にカルシウム)について学びました。

「カルシウム」は成長に必要な栄養素の1つです。

紙芝居を通してその大切について確認しました。

続いて、「カルシウムを多く含む食品」を検索サイトを活用して調べました。

「わかさぎ(魚)」や「いわしの丸干し」など骨をそのまま食べれる食品や、

野菜では「小松菜」、給食によく出る「厚揚げ」にも

多くのカルシウムが含まれているようです。

子どもたちに必要なカルシウムは1日600mg~700mgだそうです。

だからと言って、牛乳3本飲めば良いというわけではないようです。

やはり、いろいろな食品から摂取することが大切です。

好き嫌いをなくしていくことが、

バランス良く栄養素を取り入れる秘訣かもしれませんね。

今日の学びの振り返りの時間です。

この後、振り返りを発表し合って学びを更に深めていきました。

今日の学びを、普段の生活に活かし、健康な体作りを心がけていきたいですね。

This entry was posted in トピックス. Bookmark the permalink.