大きな笑いで梅雨のジメジメを吹き飛ばせ!

 6年生は梅雨で嫌な気持ちを吹き飛ばしてもらおうと、オリジナルの企画を考えてかたばみ集会で発表することにしました。

 パソコンチームは使い始めたばかりのタブレットをうまく使いこなして問題を作っていました。本番に向けて、チームワークを発揮し、何度もリハーサルを行っていました。

 劇チームは影で道具や台本づくりしてくれた仲間に支えられながら、心配された本番はそれぞれが自分の役割を果たし、ゲームもげきも大盛り上がりで幕をとじました。集会を終えた後のみんなのやり切った表情、ホッとした表情が印象的でした。