Kennady先生と英語ですごろくを!

6月17日、ALT(外国人講師)のケナディ(Kennady)先生が来校されました。昨年の8月に来日されて、小浜第二中学校で勤務されています。昨年の11月に本校に来ていただいて子ども達は授業を受けました。久しぶりの再会で、ワクワク、ちょっとドキドキのケナディ先生との英語学習でした。

DSCN2038 DSCN2046 DSCN2052 DSCN2057

1・2年生の授業では、クイズ形式で先生がゆっくりと英語で自己紹介をしました。好きな動物は「ヘビ」と知ってビックリ。「キャ~!!」と驚きの大歓声が上がりました。子ども達も自分の名前を英語で紹介して笑顔で「エアー握手」をしました。先生の好きなヘビとはしごの絵のすごろくゲームをしました。サイコロを振って奇数がでたら、先生とじゃんけんをして、負けたら1マス戻ります。じゃんけんは英語でグーはrock(石)、パーはpaper(紙)、チョキはscissors(はさみ)だそうです。ケナディ先生と一緒に英語でじゃんけんをしながら楽しい時間を過ごしました。

DSCN2089 DSCN2096DSCN2086 DSCN2084

3・4年生の授業は、まず、今日の日付と曜日、天気を英語で言うことからスタートしました。とっても元気なこのクラスは、昨年もケナディ先生の授業を受けているので、自己紹介では、先生の誕生日(バレンタインデーだから?)も、年齢もそして好きな動物がヘビだということも覚えていて、先生も大喜び。ヘビのすごろくゲームでは、サイコロの目が奇数の時は「栗原クイズ」(担任に関するクイズ)があり、間違うと1マス戻らなければなりません。。サイコロが「6」で大喜びをしていたペアが、ヘビの絵に止まって何としっぽの場所まであと戻り!大どんでん返しの結末にみんなは大爆笑でした。ケナディ先生と楽しく英語を学びました。

DSCN2062 DSCN2065 DSCN2082 DSCN2085

5・6年生の授業は、当番の児童が始まりのあいさつも英語でしました。さすが、5・6年生、先生の名前のスペルをしっかり覚えていました。先生の年齢をあてるクイズでは「29才?」「24才?」さてどっちかな・・・で盛り上がりました。すごろくゲームではサイコロの出た数とチームの動物名を英語で言います。サイコロの目が奇数だと「芝田クイズ」にチャレンジ。担任の好きな色や、車の色、好きなものが「おだんご」ということまでズバリ、子ども達は見事に当てました。すごろくは毎回「1」だったり、ヘビの絵で振り出しに戻ったりして、なかなかゴールにたどり着けない、おもしろすごろく。ケナディ先生のチャーミングな笑顔に、子ども達もとても楽しい雰囲気で英語の学習ができました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.