今年も牛がやってきた!

6月9日、今年も若狭町の嶺南牧場から3頭の牛が中名田にやってきました。地域住民で作る「一般社団法人中名田」が実施主体となり、地区内で放牧が始まります。耕作放棄地の解消のための取り組みということですが、牛が草を食べることで、猪や鹿の隠れる場所がなくなり、獣害対策にもつながるそうです。

IMG_4232 CIMG9846             CIMG9849 IMG_4238     DSC00215 DSCN2026IMG_4240 IMG_4241 IMG_4254 IMG_4252

荷台からゆっくり降りてきて近づいてくる大きな牛に圧倒されて、一瞬あとずさりをする児童もいましたが、それでも目の前にいる牛に興味津々の様子でした。

牛の名前は、若狭町で生まれた「わかつぼみ」と宮崎県で生まれた「かきこ」「まさとみ」で、3頭とも現在妊娠中だそうです。低学年の児童は図工で牛を見学しながら、絵を描く予定です。どんな絵が完成するのか、とても楽しみです。

今年は監視台が設置され、一番上にあがると牛たちの様子が一望できます。自然がいっぱいの中名田で10月頃まで放牧される牛たち、そのあとは嶺南牧場に戻って、出産に備えるそうです。元気な赤ちゃんを産んで欲しいと思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.