がん教育出前教室

12月4日、県の事業で、児童を対象に「がん」に対する正しい知識やがん患者への理解、命の大切さの認識を深める目的で、特別授業が実施されました。敦賀医療センター副院長の 飯田 敦 先生に来ていただいて、4~6年生ががんについて学習しました。

CIMG6337 CIMG6344CIMG6341 CIMG6342  CIMG6340    CIMG6350

特に消化器外科が専門の飯田先生は、がんの原因や進行していく様子、検診や人間ドックの重要な意味についてわかりやすく説明してくれました。「がんを知ることはみんなの将来にかかわる大切なこと」という重要なメッセージを児童たちは深く受け止めていました。「がんはこわいイメージがあったが、少しやわらいだ」「がんは予防できることを家の人にも伝えたい」などと感想を述べていました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.