小浜市立遠敷小学校

【学校教育目標】未来への扉をひらく 心豊かな遠敷の子

TEL.0770-56-1115

〒917-0241 福井県小浜市遠敷72-17

10月15日「南極クラス」(キャリア講演会)を開催しました。

10月15日「南極クラス」(キャリア講演会)を開催しました。

 

講師の坂下大輔さんは、第51次、52次、55次、59次の南極地域観測隊員として活動してこられました。

南極の氷は地球の歴史がつまったタイムカプセル。何万年も前の空気が氷には閉じ込められています。その空気を調べると、何万年も前の地球のことがわかるそうです。

そうして、未来の地球を予測する、これが、南極観測のお仕事です。

 

 

 

坂下さんは大工さんです。

31歳の時、南極の昭和基地に建物を建設するために派遣されました。

 

 

 

25名から30名程度の隊には、研究、医療、料理、建設などの専門の方の集まりですが、自分の仕事だけをするのではなく、他の人の仕事もチームで協力しながら、アイデアを出しながら物事を達成していくことが何より楽しかったとおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

 

2万年前の氷の中の空気の音を聞いてみました。

 

 

 

 

 

氷を触ってみました。見てみると泡がいっぱい閉じ込められています。これが、2万年前の空気なんだな・・。

 

 

 

 

 

-50度の世界に長いと1年と4ヶ月過ごします。極地用の防寒着を着てみました。

ブリザードは風速60m/秒。瞬間風速ではありません。ずっとその強さで吹き続けるのです。

 

 

 

 

 

南極の大自然の美しさ、動物のかわいい画像に釘付けになりました。

地球の美しさ、素晴らしさを感じ、地球の環境を守ることの大切さも改めて感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな夢を持って、何事もやってみること。

挑戦すること。

どうしたらよいか、しっかりと自分で考えること。

周りの大人が必ずアドバイスをくれるよ、とメッセージを送ってくださいました。

 

«