図書館体験学習

2年生が生活科「どきどきわくわく町たんけん」の一環で、若狭図書学習センターに見学に行きました。

 公共施設である図書館の利用を通して、身の回りにはみんなで使うものがあることや、それらを支えている人々がいることに気づくことを目的にしたものです。

 子どもたちは、図書学習センターの蔵書数が予想の何倍もあったことに一番驚いていました。そしてお二人を含め働く方々の工夫や気をつけておられることなど、仕事ぶりを直に見たり聞いたりしたことで、みんなを支えてくれていることを肌で感じたようでした。

 これを機に、ますます読書が好きになる子どもたちが増えてほしいと思います。