竹のように たくましく しなやかに・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

後期に入り2週間がたちました。学校の周辺の様子も少しずつ秋が感じられるようになってきました。

10月はじめに実施した後期のはじまりの集会では、校長先生から「竹の節」についての話がありました。

「つらいとき、くじけそうな時こそ踏ん張ることで、節が太く強くなっていく。そのような時ほど『竹の節チャンス!』←(節が太く強くなるチャンス)だと思って踏ん張ってみること!という熱い激励の言葉に応えようと子ども達は、日々いろいろな活動に頑張っています。

今は、来週行われるマラソン大会に向けて、自主的にマラソン練習に取り組んでいます。グランドを走る児童も日に日に増えて、グランドにエネルギーの広がりが感じられるようになってきました。辛いことにも向き合いながら走り続ける子どもたちは、キラキラと輝いています。

秋の深まりと同様に、子どもたちの活動にも深まりが増していくことを願っています。

校長先生からのメッセージ

2020年10月15日 | カテゴリー : 加斗小日記 | 投稿者 : kato_admin