プログラミング教室を行いました

このエントリーをはてなブックマークに追加

4・5年生の総合的な学習の時間に、加斗公民館長、加斗区長会長、シニアティーチャーにお世話になり、プログラミング教室を行いました。この日はプログラミングの入門ということで、マイコン「イチゴジャム」を使って基本的な操作を学習しました。

子どもたちは、自分で命令を出して、小さな板についたLED電球をつけたり消したりなどする活動を楽しみました。命令通りについたり消えたりするLED電球に歓声があがっていました。

活動が進むにつれて、「命令文の数字を変えるとどうなるのだろう?」と工夫し出す子がたくさん出てきて、講師の先生方も驚いていました。

最終目標は、来年の加斗駅100周年記念イベントで、自分たちの作った電車をプログラミングで走らせることです。成功できますように!

 

 

2020年7月3日 | カテゴリー : 加斗小日記 | 投稿者 : kato_admin