蒼島のすばらしさを満喫しました!

6年生が蒼島に渡りました。島では、市の職員さんによる「この島で見られる本州では珍しい植物」の説明を受けました。その後は、地域内外の協力者に見守られながら「シーカヤック体験」を満喫しました。

子どもたちにとっての蒼島は、「いつも近くに見えているけれど、詳しくは知らない島」だったけれど、島に足を運び、五感をフル回転させることで、「加斗にしかない特徴のある素晴らしい島」「宝物」へと認識が変わりました。

いつまでもこの島を大切にしていきたいです。

 

 

 

2020年7月29日 | カテゴリー : 加斗小日記 | 投稿者 : kato_admin

保育園の先生が参観に来てくださいました!

7月28日(火)保育園の先生が、1年生の授業参観に来てくださいました。

参観の教科は算数で、「絵を見ておはなしを作る」という内容でした。

子どもたちは、絵の中から「生き物が何匹いるか?」や、「○匹いなくなると何匹になるか?」などについて意欲的に発表し、学習を深めていました。

2020年7月28日 | カテゴリー : 加斗小日記 | 投稿者 : kato_admin

家庭・地域・学校協議会を実施しました

7月8日(水)に家庭・地域・学校協議会を行いました。

7名の協議会の委員様をお呼びし、学校の経営方針についての説明や、スライドによる子どもたちの様子の紹介をさせていただきました。

その後、委員の皆様といろいろな意見交換をしました。

本年度も、保護者の思い、地域の願い、学校の思いを一つにし、チーム加斗としてみんなで子どもたちを支えていきたいと思います。

 

 

2020年7月13日 | カテゴリー : 加斗小日記 | 投稿者 : kato_admin

プログラミング教室を行いました

4・5年生の総合的な学習の時間に、加斗公民館長、加斗区長会長、シニアティーチャーにお世話になり、プログラミング教室を行いました。この日はプログラミングの入門ということで、マイコン「イチゴジャム」を使って基本的な操作を学習しました。

子どもたちは、自分で命令を出して、小さな板についたLED電球をつけたり消したりなどする活動を楽しみました。命令通りについたり消えたりするLED電球に歓声があがっていました。

活動が進むにつれて、「命令文の数字を変えるとどうなるのだろう?」と工夫し出す子がたくさん出てきて、講師の先生方も驚いていました。

最終目標は、来年の加斗駅100周年記念イベントで、自分たちの作った電車をプログラミングで走らせることです。成功できますように!

 

 

2020年7月3日 | カテゴリー : 加斗小日記 | 投稿者 : kato_admin